HOME > 製品情報 > レーザ開封装置(デキャップ)

レーザ開封装置製品情報

CLC(コントロール・レーザ・コーポレーション)社は、マーキングや彫刻等を得意とするレーザメーカの老舗です。
2006年から日本国内でのFALITの販売を開始しました。
2013年からは、シノハラ・ジャパンがCLC社の製品(主にレーザ開封装置)の販売およびサービスを日本国内で行っております。
本社:アメリカ、フロリダ州 設立:1965年

コントロールレーザ_開封装置_デキャップ

【概要】
FALIT/FACUBEは、レーザを使ったICパッケージ等のモールド樹脂の開封(除去)装置です。装置の安全クラスは、レーザクラス1製品です。従来の薬液開封と比べ、管理もしやすく安全で短時間に開封が可能で、どなたでも、扱いやすいオペレーションとなっております。また、リアルタイムで観察しながら感覚的に開封位置を設定、加工できる上、光学12倍の電動ズームにより複数の大きさのモールド樹脂の開封にも対応出来ます。CLC社オリジナルのソフトウェアは、パラメータの自由度も高く、不良解析の現場に要求される確実な開封が可能です。FALITについては、お客様にとって必要なさまざまなカスタマイズが可能です。

◆米国CLC社製IC用レーザ開封装置仕様

型式 FALIT FACUBE
レーザ 出力 12W 12W
波長 1,064nm 1,064nm
製品のレーザクラス クラス1 クラス1
最大加工エリア(実視野) 32mm × 32mm 100mm × 100mm
電動Z軸ステージ 75mm 50mm
PC OS Windows7(英語版) Windows7(英語版)
ソフトウェア Failure Analysis Pro Failure Analysis Pro
ユーティリティ 電源 AC100V 15A 50/60Hz AC100V 15A 50/60Hz
圧縮空気 0.5MPa 250L/min 0.5MPa 250L/min
装置サイズ(本体) 966(W) × 737(D) × 770(H)mm 566(W) × 704(D) × 803(H)mm
装置重量 約150kg(本体)、約20kg(コントローラ) 約100kg
オプション ・IC最適化(ICO)レーザモジュール(20W)
 アップグレード
・HEPAフィルター内蔵高性能集塵機
・専用架台
・クールブラスト
・高解像度カメラシステム
・インテリジェント ビジョンシステム
・電動X-Yステージ
・レーザパワーメータ
・電動12倍光学ズームレンズ標準
(FALITは、FACUBEのオプションソフトウェアは一部を除き標準として同梱)
・IC最適化(ICO)レーザモジュール(20W)
 アップグレード
・HEPAフィルター内蔵高性能集塵機
・加工エリア変更用レンズ
・高解像度カメラシステム
・インテリジェント ビジョンシステム
・電動X-Yステージ
・レーザパワーメータ
・多角形ツール
・画像インポート
・テンプレート作成
・レシピ管理
・サラウンドモード
  • ※ 仕様及び寸法は予告なく変更する場合があります。
  •   FALITは専用架台(オプション)に本体とコントローラも載せた形を推奨いたします。
  • ※ FALIT/FACUBEの導入には、別途、集塵機と圧縮空気が必要となります。

【特徴】

・FALIT/FACUBEに搭載されているレーザ・ユニットのメンテナンスはフリー。

・開封に必要なツールとして、さまざまな加工形状、開封モードが用意され、サンプル高さの許容度も十分あります。

・未開封の未知のICについて、チップの位置をX線装置等で観察して取得した透過のbmpデータをFALITにインポートし、
 未開封のICと透過bmpデータを重ね合わせて、未知のICでもチップを避けてレーザ開封する使い方が可能。

・IC最適化レーザモジュールオプション(ICOレーザモジュール)を採用することにより、大切なICを守ります。
 Au,Ag,Cu,Alワイヤーに直接レーザが当たっても問題ないため、ダメージは今まで以上に最小限に抑えつつ、極力樹脂を除去することが可能。
 また、フィラー含有量がかなり高く硬い樹脂に対しても余裕で開封可能。

・CLC社のラインナップには、切断用途に精巧でキレイな切断面、不良個所を悪化させないことに特化させたFALIT-Xsec(クロスセクション)、
 IGBT等の透明樹脂の開封用途にFALIT-Gel、鋼板の開封も可能としたハイパワーなレーザを搭載したFAILTなどもございます。






デバイスの加工動画サンプル1

デバイスの加工動画サンプル2

CLCレーザ事業関連会社:CLC(コントロールレーザー)社製

ページの先頭へ戻る