HOME > 製品情報 > レーザ開封装置

製品情報

CLC(コントロールレーザ)社は、ICの故障解析等におけるレーザ開封装置やマーキング装置等を取り扱うレーザメーカです。

本社:アメリカ、フロリダ州
設立:1965年

◆米国CLC社製IC用レーザ開封装置仕様

型式 FALIT FACUBE
レーザ 出力 12W 12W
波長 1,064nm 1,064nm
製品のレーザクラス クラス1 クラス1
最大加工エリア(実視野) 38mm × 38mm 100mm × 100mm
電動Z軸ステージ 75mm 50mm
PC OS Windows7(英語版) Windows7(英語版)
ソフトウェア Failure Analysis Pro Failure Analysis Pro
ユーティリティ 電源 AC100V 15A 50/60Hz AC100V 15A 50/60Hz
圧縮空気 0.5MPa 250L/min 0.5MPa 250L/min
装置サイズ(本体) 966(W) × 737(D) × 770(H)mm 566(W) × 704(D) × 803(H)mm
装置重量 約150kg(本体)、約50kg(コントローラ) 約100kg
オプション ・ICOレーザモジュール
・HEPAフィルター内蔵高性能集塵機
・専用架台
・イオナイザー
・クールブラスト
・高解像度カメラシステム
・インテリジェント ビジョンシステム
・電動X-Yステージ(サイズ選択可)
・マニュアルθステージ
・レーザパワーメータ
・各種カスタマイズ対応可能
・電動光学ズームレンズ標準
・FACUBEのオプションソフトウェアは
 一部を除き標準として同梱
・ICOレーザモジュール
・HEPAフィルター内蔵高性能集塵機
・加工エリア変更用レンズ
・高解像度カメラシステム
・インテリジェント ビジョンシステム
・電動X-Yステージ(150mmx150mm)
・レーザパワーメータ
・ガスケットモジュール
・多角形ツール
・リバースモード
・テキストモード
・画像インポート
・テンプレート作成
・レシピ管理
  • ※ 仕様及び寸法は予告なく変更する場合があります。
  •   FALITは専用架台(オプション)に本体とコントローラも載せた形を推奨いたします。

特徴

・加工中もライブ画面上で観察しながら開封出来るため、オペレータは加工のやり過ぎを回避させることが出来ます。

・ライブ画面上にてインポート画像と重ね合わせながら、簡単に加工形状、サイズ、位置を設定し開封出来ます。

・FALITでは光学電動ズームが搭載されており、微小なICも高い位置精度で加工が行えます。

・ワークルームが広いため高さのあるデバイスや基板のままでも、開封が可能です。

・オプションのICOレーザモジュールにより、金、銀、銅、アルミワイヤーに至るまで、ワイヤーへのダメージを最小限に留めます。

・オプションのICOレーザモジュールにより、IGBTやパワーデバイス等のフィラー含有率の高い、固いデバイスも余裕で開封可能です。

デバイスの加工動画サンプル1

デバイスの加工動画サンプル2

CLCレーザ事業関連会社:CLC(コントロールレーザー)社製

ページの先頭へ戻る